夫James,リタイアグレイハウンドのSakura,Peachesと一緒にポートランド郊外に住んでいます。


by j_mcrorie
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カリフォルニア料理

カリフォルニア料理のレッスンに行ってきました。
一口にカリフォルニアといっても(かなり!)広く、料理もさまざまですが、
私が習っているのは、北カルフォルニア、Napaスタイルの料理です。

ひとことでいうと、カリフォルニアの野菜をメインにした
季節感のあるヘルシーな料理。
果物をたくさん取り入れるのも特徴です。

この教室のよいところは、日本ではなじみのない食材の扱い方も教えてくれること。
食べたことはあるけど、台所では見たことのない野菜の
特徴から保存法、切り方までわかりやすく説明してくれます。

今日はアーティチョークについて習いました。
レモン汁につけないと黒くなるなんて知らなんだ!
硬いカワをむくのに一苦労しました。
しかも中身の花部分にはトゲトゲの毛が!
あまりにも大変だったので写真は撮れませんでした…。

クラスメイトのお子さんも特別参加!
c0078451_2335961.jpg

なんと手打ちパスタに挑戦です。

小さなパスタ職人によってつぎつぎとおいしそうなパスタが作られていきます。
憧れのパスタマシン…。
c0078451_23363927.jpg


メニューはコチラ!
[PR]
# by j_mcrorie | 2006-08-31 23:50 | 荻窪の生活

これは何?

                     これは何でしょう?
c0078451_20403392.jpg


                       のびます
c0078451_20413624.jpg


                       光ります
c0078451_2042427.jpg



                 そう、これは読書ライトです。
c0078451_20435797.jpg


私は活字中毒症のため、寝る前にベッドで活字を眺めないと眠れません。
しかし、私とオットの間には時差があります。彼は午後9時には眠くなる朝型。
私は夜更かし大好きで、朝は起きられない夜型。

彼が寝ているのに部屋の明かりをつけるのはさすがに申し訳ないので
ベッド脇にストールを置き、さらにタッパーにミニスタンドを載せて
自前のライトをつくっていました。
しかし足場が悪いため、よく倒れるんです、これが。

見かねてオットが買ってくれました。
アメリカではポピュラーらしいのですが、日本ではあまりみかけません。
裏を返すと、SANTA BARBARA、 CA、 USAと書いてありました。

ハリーポッターは一番眠れる本です。
日本語の本だと内容にのめりこんでそのまま朝までGO、なんて事もありえますが、
英文だとゆっくり、つっかえながら読むので、
程よい距離感があり短い時間で眠くなります。
しかもハリポタ5はもう一度読み返し中。このゆるさが睡眠へと引き込むのでしょうか。

J.K.ROWLINGさんが7巻目を書き上げるまでに、
6巻まで読み返したいものです。
でも読むの本当に遅いからなあ。
[PR]
# by j_mcrorie | 2006-08-30 21:04

クレーターマフィン

ドイツのパティシエと呼ばれる、というか私がかってに呼んでいる
b_kuchenさんのブログで見かけたおいしそうなマフィン。
お菓子つくりなんて普段ほとんどしないのですが、
無謀にも私も挑戦してみました。

が、結果は・・・。
c0078451_2258252.jpg

かわいそうに、ばっくり割れています。コレでもましなのを撮ったのですがっ!
重症のコは月のクレータよりも深く陥没しています。ああ。

b_kuchenさんによる美しいお手本はこちら
ぜんぜん違う~。同じレシピでつくったとは思えません。

失敗の原因を分析してみました。
●オーブンもっと頑張れ。
レンジ、トースターと一緒のオーブンなのですがとにかく火の回りが悪っ!
このマフィンもレシピでは180度で23~25分なのですが、ちっとも焼けず、
結局その倍以上、ローストチキン並みに時間をかけて焼きました。

●クランブルはほどほどに!
お手本を見ていただくとわかるのですが、
マフィンの上のクランブルが、私のは多すぎです。
厚い地層となって下のマフィンを覆っています。
それが原因で火が通らなかったのかも…。

●クランベリーはどこですか?
ダークチェリーがなかったのでクランベリーを入れたのですが、姿は見えず。
奥まで掘り進むと、恥ずかしがりやのベリーちゃんに会えます。
量が少なかったのか!

散々なルックスですが、味はまあおいしかったのが救いです。
「いいんだもん、参加することに意義があるんだもん」
と負け犬のせりふをつぶやきつつ、リベンジを誓うのでした。
[PR]
# by j_mcrorie | 2006-08-29 23:17 | 食べ物

ライ麦パン

またまたパン教室に行ってきました。
今回はライ麦パン。
c0078451_12162216.jpg


ぷっくり焼けました。
ライ麦パンって名前しか知りませんでした。
今回初めて食べましたが、香りがふわっとして、これがライ麦? と思いました。

パン教室の先生がもうじき出産のためお休みです。
それまでもう少し通いたいなあ。
[PR]
# by j_mcrorie | 2006-08-29 12:20 | 荻窪の生活

夏祭り

近所の神社で週末に夏祭りがありました。
屋台もたくさん出て境内は多くの人でにぎわいます。
c0078451_9553271.jpg


最近よくある自治体主催のお祭りとは違って、屋台はプロのテキヤのみなさん。
汗だくでお好み焼きを焼く角刈りのお兄さんの隣には金髪のお姐さん。
PTAのお母さんや町の青年団がつくるお好み焼きとはやはり一味違うと思うのです。
おつりも「600万円」だったりするのです。
c0078451_1012339.jpg


もう来年は来られないと思い、いろいろ食べまくる私。
あんず飴は子供のころ、身体に悪いからだめって買ってもらえなかったなあ。
c0078451_103656.jpg


カキ氷のシロップはかけ放題でした。
c0078451_1042967.jpg


里神楽も奉納されました。
c0078451_1063535.jpg


こんな美女が
c0078451_10195026.jpg


一瞬で鬼に早変わり!
c0078451_10125986.jpg


この神社は400年以上前からあるので、きっと江戸時代には村中の人が集まって
こういった里神楽を見て盛り上がっていたのだと思います。

お土産はこれ!
c0078451_10175026.jpg

[PR]
# by j_mcrorie | 2006-08-28 09:51 | 荻窪の生活

活字中毒症

引越し準備をしなくては!
そして私がいそいそと始めたのが、生活必需品の収集。
私にとっての生活必需品、それは 本!
毎日のようにやってくるAmazonからの宅配に
オットはちょっとびっくりしたらしい。

でもこの際と思って、前から欲しかった本やDVDをまとめ買い!
c0078451_050246.jpg

vivabocaさんのブログで教えてもらった「カモイクッキング」も! 
これは近日中に読んでしまいそう。

さらにうれしかったのは、子供のころ大好きだった本にまた出会えたこと。
c0078451_0572260.jpg

ワッハワッハハイのぼうけんという変なタイトルが印象的なこの本、ご存知ですか?

ワッハワッハハイのメモちょうに
『おこっているときの気持ちは
はらだち50%
かなしみ30%
どうでもいいという気もち10%
たのしさ5%
おこりたくない気もち3%
よくわからない2%
というくらいのわりあいになっているとおもう』

と書いてあるのですが、この割合の中の、
「たのしさ5%」に小学生だった私は妙に感心して
作者の谷川俊太郎さんという人は天才なのでは!? と思ったのでした。
確かにおこっているときって、ちょっとだけ楽しいのかもしれない、
そう激しく納得して、何度も読み返しました。
おとなになっても、このことをふと思い出して、かなしみ以外の要素はなんだっけ?
なんてことをずっと考えたりしていました。

この本は、子供のときに図書館でたまたま見つけて、しかも当時すでにぼろぼろ。
もう絶版かとあきらめていたのですが、なんと1年前に再版されていたのです。
出版社の社長さんからのメッセージがありました。

社長さんも子供のころ、この本が大好きだったそう。
あまりに好きだったので、出版社を作って
もう一度発行してしまったとか。
社長さんに感謝です。

子供のとき読んで印象に残った本を改めて読むと、
一気にタイムスリップしますよ~。
みなさんもぜひお試しください。


c0078451_1253464.jpg

            かきとり練習の代わりに、これも買ってみました。


それにしても、引越しのために片付けるはずだったのに物が増えています。
ははは。
[PR]
# by j_mcrorie | 2006-08-27 23:47

タロウ

7月の半ばに文鳥のタロウがいなくなりました
私のミスで逃げてしまったのです。
その3日後には引越しの準備でアメリカに行かなければならず、
大変なストレスをかかえたままの旅行は
とてもつらいものでした。
出発前に動物探偵という怪しげな業者に捜索を依頼したものの、
メールでの連絡はうやむやで、結局は詐欺でした。

「荻窪ことり日記」の主役であったはずのタロウがいなくなり
すっかり落ち込んでいた私を元気つけてくれたのは
このブログにみなさんからいただいたコメントでした。

つたない写真と文章に対して、
ブログを通してたくさんの方から温かいコメントをいただけて、
まるでお隣さんがたくさん出来たようなうれしさでした。
6月に会社を辞めてからは、
友達はみんな勤め人ということもあり、あまり人に会うことも少なくなっていた私にとって
ブログでのお付き合いは、本当に貴重な人との係わり合いです。


そんなブログを通してのお隣さんにどうしても報告したいことがあります。

先週の週末に小鳥の迷子や保護情報を載せたBBSに
タロウと同じシルバー文鳥を預かっているという書き込みがありました。
早速連絡を取ってみると、
保護された場所、日にちなど、タロウの可能性が高いことがわかり、
さっそく引き取りに行きました。

それはまさしくタロウでした。キレイな羽根の色合い。目の回りの色。
引渡し場所が小鳥や小動物がたくさんいるにぎやかなペットショップだったので
びっくりしてバタバタ飛び回っていました。

預かっていてくれた方もやはり文鳥を2羽飼っている、文鳥好きな方でした。
タロウのことをすっかりあきらめていた私は
まだ半分信じられないような気持ちでお礼を言うと
タクシーで自宅までつれて帰りました。

家に帰って早速部屋に放してみました。
ところが、タロウは恐る恐るといった様子で、どうも部屋を覚えていないようなのです。
普通手乗り文鳥は、部屋の様子を良く覚えていて、廊下をすっと曲がったり
お気に入りの場所があるものなのです。

最初は、1ヶ月以上も離れていたから覚えていないのかもしれない、
と思って様子を見ていました。
ところが、どうも初めての場所のような飛び方なのです。
決定的だったのは、鳴き声でした。 

文鳥のオスは求愛の歌とダンスをするのですが、
タロウの声とはまったく違った高い声なのです。
まさか、と思いましたが、タロウではなかったのです。

とても悩みました。
いっそこのまま黙っていよう、とも考えました。
でも、1ヶ月後には引越しを控え、
しかもアメリカには今現在、鳥インフルエンザの影響で
アジアから鳥を持ち込めないのです。
もしタロウだったら、知り合いの文鳥友達に預かってもらう予定でした。
でも、タロウでもないコを預けるわけにはいきません。

ウチに来た文鳥さん(仮に銀ちゃんと呼んでいます)は、とっても人になれていて、
かわいらしい声で歌い、ダンスします。
きっと本当の飼い主さんはとても大事にしていたことでしょう。

寂しいのですが銀ちゃんは、最初に持ち込まれた鳥の病院に帰すことになりました。


ショックなことにカリフォルニア州では文鳥は害鳥にあたり、
ペットとして飼うことを禁じられています。
果物や野菜が主な生産物でもあるため、それを好物とする文鳥は
害鳥になってしまうのです。

つまり、文鳥はカリフォルニアから引越しをしない限り、もう飼えないのです。
非常に残念なのですが、仕方がありません。

題名も主役がいないので変えなくては、と思いつつそのままになってしまいました。
今のところは、もう少しそのままにしておきたい気持ちです。

本当はタロウのこと、もっともっと紹介する予定でした。
タイトルと内容がぜんぜん一致しないブログですが、
これからも続けていきたいと思います。

支離滅裂なブログですが、よかったらこれからもお付き合いいただけると本当にうれしいです。


世界中にいるお隣さんのみなさんへ。
[PR]
# by j_mcrorie | 2006-08-26 16:49 | 荻窪の生活

最初の一歩

引越しのために今日私たちがしたことは…?
荷物一覧表をつくりました。

①持って行くもの。
②実家の母にあげるもの。
③友達にあげるもの。
④売るもの。
⑤誰かにフリーで引き取ってもらうもの。
⑥捨てるもの。

なるべく無駄な粗大ごみは出さない方向で行きたいのですが、果たしてどうなることか。
④⑤はclassifiedに広告を出そうかと思います。


今日、ビザの申請書類のチェックが戻ってきました。
ご存知のように恐ろしい量の書類、証明書が必要なのですが、概ねOKみたいで
ほっとしました。
結婚して2年以内の場合は、二人の馴れ初めや交際を証明するもの、
たとえば交わしたemailや旅行の写真なども提出しなければならないのには、
ちょっと驚きました。
いずれ大使館でインタビューを受けるのですが、
そのときも同様に結婚に至るまでどうだったか? なんて事を聞かれるそうです。
そう、それはまるで、桂三枝の「新婚さんいらっしゃい」…。

ビザを得るための偽装結婚を疑ってのことだと思うのですが、なんだかなあ~。
ちょっとおもしろそう、ちょっと緊張です。
[PR]
# by j_mcrorie | 2006-08-19 17:53

そろそろ始めないと!

引越しすることは決まっていたけれど、
オットの会社側から確実な日程がまだ出ていなかったので
ここしばらく準備らしいことは何にもしていませんでした。
でも、急遽早まりそうです、引越し!
それも来月! 

みなさんのブログやサイトを最近読んで勉強していたものの
はて、何から取り掛かればよいのやら。
(直前にならないと、物事に取り掛かれない性格大人になっても変わらず。
夏休みの宿題は始業式の後、9月1日にやっていました!)

東京に戻ってくる予定はまずないので
家具や電気製品などはほとんど持って行かないつもりです。
でもそれをどう処分するか?
大半は家族や友人にあげるつもりです。
でも通販で買った安い洋服ダンスとか、棚は・・・。
結局粗大ごみとして出すしかないのでしょうか。
まだ使えるものを捨てるのはとても抵抗があるのですが。
ヤフオクで売る? でもかなり手間がかかりそう。

持って行くものは、パソコン(オットの)、服、食器やキッチン用品(プレゼントなど思い入れのあるものだけ)、DVDプレイヤー(日本とアメリカのDVD再生可能)
それに忘れてはならないのが、本。 
アマゾンと、ブックオフで買いだめです。

そして薬。
アメリカの薬は1長1短です。

c0078451_10461142.jpg

これらは先月アメリカに行ったときお世話になった薬です。
毒々しいイロのノド飴はなめると口の中が真っ赤に。
私がノドが弱く、かなり腫れていたのですが、
sore throatと言うわりには、効果はあまり感じられませんでした。
ただ、眠くなると処方に書いてあるものは、睡眠薬のように効きました。
身体が小さいので用心して用量の半分を飲んだのですが、
それでもぱったり倒れるように寝てしまいました。

c0078451_10522895.jpg

このチョコレートはなんと便秘薬・・・。
味は30円くらいの安っい駄菓子チョコのような感じ。
効果は、まあまあでした。

未知の薬を試すのも面白いけど、
やっぱり使い慣れたもののほうが、弱っているときはありがたい、そう実感しました。
[PR]
# by j_mcrorie | 2006-08-18 10:57

完成!

やっと出来ました。
毛糸を見つけて編み始めたのが2月末。
あっという間に春~夏へと季節が変わり
イヤになりながらも、細々と編み続けました。
真夏の編み物は、ちょっとへこみます。
しかもよりによってモヘア。
暑さ倍増です。

c0078451_0154395.jpg



巻いてあるときはグリーンとブルーしか見えなかったのですがピンクもあることが編みすすめるうちに判明。
思っていたのとは少し違う仕上がりに。











そうこうしているうちに、秋はもうすぐ。 本格的な編み物の季節がもうじきやってきます。
毛糸屋さんに新しい毛糸を仕入れに行かなくては。
[PR]
# by j_mcrorie | 2006-08-16 22:11 | 荻窪の生活